.hack//SIGN(ドットハック サイン)

.hack//SIGN(ドットハック サイン)はテレビアニメ作品。Project .hackの一環として製作され、2002年4月から9月にかけてテレビ東京系(テレビ北海道除く)で放送された。放送回数は全26話。テレビ未放映のOVAを含むと全28話。

キャラクター原案は『新世紀エヴァンゲリオン』で知られる貞本義行が、脚本は『機動警察パトレイバー』の伊藤和典が担当した。

あらすじ
物語は『The World』という名のオンラインゲームの仮想現実世界内で繰り広げられる。原因不明のトラブルによってゲームの世界からログアウト(退出)出来なくなった司は、正規には存在しないはずの外見を持つ猫型PC(マハ)との関係、そして謎のモンスター・ガーディアンとの関連を疑われ、プレイヤー有志によって構成される自治団「紅衣の騎士団」より『The World』を崩壊させる危険人物として見なされ、追われることとなる。

司はゲーム内で出会った仲間であるミミルやベア達と協力しながらログアウトの方法、そして『The World』に隠された謎について探索し、その過程で様々な事件に遭遇する。


登場人物
作中に登場するキャラクターはゲーム世界内におけるプレイヤーの分身であり、現実とは全く違うタイプのキャラクターをゲームキャラクターにすることはごく当たり前のことである。例えば、ゲーム内で男性のキャラクターが現実でも男性とは限らない。


司(つかさ)
(声:斎賀みつき)

本作の主人公の少年。呪紋使い(ウェイブマスター)。性格はひたすらにネガティブ。現実世界の悲惨な環境からか誰にも心を開かず、自分の殻に閉じ篭っているような印象を与える。だが昴やミミル、ベアなどの人々と関わりを持っていく内に周りの人間には徐々に心を開いてゆくようになる。何者かの手により自意識をネットゲーム『The World』の内部に取り込まれ、ログアウト出来無くなってしまう。

その際、カオスゲートを通さずにサーバーやエリア間を直接移動できる能力を身に付けるが、同時にPCが決して感じることの出来ない触感や嗅覚、痛覚を感じるようになるなど、特異な状態に陥ってしまう。取り込まれた後は、アウラを目覚めさせんとするモルガナの企みにより、アウラを歪んだ形で覚醒させるために利用され続けていた。

『Δ隠されし禁断の聖域』におけるモルガナ陣営との決戦以降、モルガナと直接対峙した司は自らモルガナと決別する意思と、現実に立ち向かうことの大切さを告白する。この時、司の精神と同調していたアウラが“アウラを作った者”が望むべき正常な姿で覚醒したのは、司自身が成長した結果でもある。

ゲーム版では『Δ隠されし禁断の聖域』やルートタウン等で、思念体として登場。プレイヤーの意識は既に回復しているので、六人の未帰還者の中の内には含まれていない。後に隠しキャラとしても登場するが、PC自体がプレイヤーの手を離れて放浪AI化してしまっており、記憶が曖昧になっている。Lvは低いが、持っている武器「クソみたいな世界」はゲーム中最強の杖。

Unisonでは、長い時間を経てこの世界に帰ってきたプレイヤー。放浪AIだったPCを取り戻し、現在は学校の寮からログインをしている。エルクとの出会いやミア(=マハ)との邂逅、アウラの眠る場所で約束を交わし別れた楚良との再会など、戻って来て間も無い内に様々な経験をした。

リアルでの名は荘司杏。昏睡状態の「女の子」であるが、The Worldに意識を取り込まれた際に記憶を操作されてしまったため、ゲーム内では自分は男だと主張していた。現実に残された肉体の方は、意識がThe Worldに取り込まれて以来、意識障害によって昏睡状態に陥ってしまい入院していた。母親は杏の幼い頃に逝去したため父子家庭で育つ。無愛想な態度をとっていたためか愛情の欠片も無い父親は、幼い杏に対して虐待(DV)を繰り返す。

それが原因で杏は父親を恐れの対象とし、彼女の人格形成にも大きな影響を及ぼした(「司」が男と主張するのは、現実世界の女「杏」ではないという妄想で形成されたと考えられる)。全てを終わらせた後に現実世界のミミルと再会し、時系列が『SIGN』とゲーム版の間に位置する『ZERO』では、自分の後見人となった佐久間(ベアのプレイヤー)の援助の下、全寮制の学校で学業や心身のリハビリを続けつつ新たな生活を始めている事や、真理子(昴のプレイヤー)との交流など、ログアウト後の彼女の姿が描かれている。なお、父親は病院で起こした杏殺人未遂の一件(杏の生命維持装置のコンセントを抜いた)で逮捕された。同時に、親権を剥奪されたものと思われる


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。